9.05.2006





旦那が芋をもらってきました。
でかいです。名前も失念したそうです。
当然、調理法を詳しく聞いてきたわけでもありません。

とりあえず「ゆでるだけで美味しい」と聞いたらしい。
さっそく小さめの芋を選んで、皮をむいて茹でてみます。



水から茹でる事、約10分。
箸をさしてみたらすっと通ったので出してみたら、
すっかりほろほろに煮えてますよ。
香りは田芋そっくり。
そして、味もそっくり。
食感は、田芋よりモチモチ感が無くて、ホクホクって感じ。
ほんとに茹でただけで美味しいっす。
チョリソを焼いて、茹で芋と一緒に食べました。


そして、これならもしかしてと思い作ったのが、



沖縄の料理、ターンムリンガク。
いわゆる、田芋のきんとんです。
煮た田芋を汁気が少し残ってるくらいで7割方つぶし、こねくりまわします。
最後に砂糖と生姜汁を加えて仕上げれば出来上がり。
アフリカでこの味が食べれるとは思ってませんでした。
味も、香りも、全くそっくり。
粘りが足りないのは、芋のタイプがちょっと違うからだろうなぁ。
でも、うーまーいー!
 
 

3 件のコメント:

Angelo de los Angeles さんのコメント...

Oishi...ohayo from Canada :)

gatita さんのコメント...

Ohakonbanchiwa! Angelo de los angeles-san.
Thank you very much for your visit NEKOMAMMA. Do you like japanese food?

Angelo de los Angeles さんのコメント...

I love Japanese food :)